カードローンの申し込み条件〜無職でもお金借りれる?

カードローンを申し込むときには、申し込み条件というのを確認する必要がありますね。各金融機関によって借り入れを申し込める人の条件は多少異なりますが、「継続安定した収入がある」「申し込みの時点で20歳以上」というのはどの金融機関にも共通していることのようです。

 

ところが、ときどき「無職でもお金を借りれるカードローン」という広告を目にすることがあります。また、無職でもお金を借りれたという体験談を載せているサイトもあります。中には、無職の時に大手消費者金融に申し込みをして、30分の審査後にお金を借りれたという体験談もあります。これはちょっとあり得ないですね。ヤミ金ならともかく、あるいは何らかの不正な手段を使わない限り大手消費者金融で、無職でもお金を借りれるということはあり得ません。勤務先に在籍確認の電話がありますから、無職の人は審査には通らないようになっています。

 

一部の中小の消費者金融なら、無職でもお金を借りれるという場合もあります。たとえば、失業保険(雇用保険)で給付を受けられる見込みがある場合や、登録社員として登録していて、派遣先は決まっているがまだ働いていないというような場合です。ただ、無職でもお金お金を借りれる消費者金融はヤミ金であることも多いので、お勧めできません。無職でおお金を借りたい方は、公的貸付制度を利用することをお勧めします。申し込みにはまず、ハローワークで手続きが必要なので、ハローワークで詳しいことを聞いてみてください。

 

それから、カードローンの申し込み条件の中には、本人が無職で収入がなくても配偶者に収入があれば契約ができるという場合もあります。三菱東京UFJ銀行やイオン銀行、楽天銀行などのカードローンは、無職の専業主婦でも借り入れの申し込みができます。また、無職で年金収入のみの人でも申し込みができる銀行カードローンや消費者金融もあります。ただし、年金を担保にお金を貸すという闇金もあり、これに引っかかると非常に危険ですので注意してください。民間の業者が年金を担保にお金おかすことは法的に禁じられています。

 

カードローンの申し込みをする際には申し込み条件に自分が合っているかどうかしっかり確認しましょう。よく確認せずに申し込んで、自分が条件に適っていなければ審査に落ちることになり、無駄に自分の信用情報に無理な記録を残すことになりますから。

 

カード犯罪

更新履歴