お金を借りれる金融機関

 

やばい〜〜

 

生活が苦しくなってきたら、生活スタイルを見直して節約したり仕事を増やすなどして何とかやりくりするのがいいですが、まとまった金額が必要になり、どうしてもお金を借りないといけないという状況になることもあります。

 

お金を貸してくれる金融機関にはどんなところがあるでしょうか?

 

 

 

一つは銀行ですね。ただ、銀行は審査に時間がかかるので、一日も早くお金が必要という場合には審査が早いカードローンを利用することもできます。銀行のカードローンの中には主婦や年金受給者など無職でもお金を借りれるカードローンがあります。普通なら銀行のローンで無職でもお金を借りれるということはありませんが、カードローンは他のローンに比べると審査が緩いので、専業主婦など無職の人でも配偶者に安定した収入があれば、借りれることがあります。主婦が無職でもお金を借りれるカードローンは、イオン銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行などで販売しています。

 

待ちゆく人

そのほかにお金を借りれるのは消費者金融です。消費者金融は金利が高めですが、審査が緩いというメリットがあります。大手消費者金融の審査は厳しめですが、中小の消費者金融なら、他社借り入れ件数が多めでも、また、専業主婦など無職でもお金を借りれることがあります。ただ、消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1までのお金しか借りれません。また、一社からの借り入れが50万円を超える場合か他社との借入総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。無職の専業主婦が申し込むときは本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。ちょっと面倒なこともありますが、消費者金融は即日融資が可能なので、急ぎの時にはとても助かります。

 

どこからお金を借りるかは、金利や限度額、使いやすさなどを比較する必要がありますが、消費者金融を利用する場合は、正規の登録業者であることを確認してください。また、登録業者であっても悪質な業者もありますし、偽の登録番号を使っている業者もあります。金融庁の貸金業者の検索で確認できますので、心配な場合は調べてみてください。消費者金融の中には無職でもお金を借りれるということ言っているものもありますが、闇金であることが多いので安易に利用しないようにしてくださいね。

 

それから、金融機関ではありませんが、総合支援資金という制度を利用すれば無職でもお金を借りれる場合があります。単身なら月15万円まで、家族なら月20万円までのお金を借りれます。申し込みには、まずハローワークへ行って手続きをする必要があります。保証人を立てることができれば、金利は0なので、失業で生活に困っている人でしたら検討をお勧めします。